会社概要|高橋精機株式会社

  • HOME >
  • 会社概要

概要

商号 高橋精機株式会社
設立 昭和31年3月
資本金 1,000万円
取引先銀行 武蔵野銀行
東和銀行
日本政策金融公庫
従業員数 160名
代表者 代表取締役  高橋 勤
事業内容 ・自動車機械部品(致命保安、重要保安)の製造
・自動車排気ブレーキ部品の組立製造
・自動車プレス部品の製造
・自動車溶接部品の製造
主要製品 ・小、中、大型トラック排気ブレーキ部品
 ボディー、シャフト、バルブ、スピンドル、ブッシュ、ブラケット

・油圧パワーステアリング用部品
 ステアリングボディー、ピストン、セクターシャフト、トーションバー

・バキュームブースター用部品
 プッシュロッド、オペレーティングロッド、クレビス

・油圧ブレーキ倍力装置用部品(エアー/バキューム)
・クラッチブースター部品
・コンプレッサー部品

沿革

昭和22年 個人として、東松山市箭弓町2-5-25に、初代社長の高橋登が高橋製作所を創業開始。
同時にヂーゼル機器株式会社と取引開始。
昭和31年 自動車部品の切削加工を主に高橋精機株式会社を設立。資本金50万円。
自動車機器株式会社と取引開始。
昭和44年 資本金600万円に増資。ターレット・単能機の導入による加工に移行。
昭和45年 埼玉県中小企業総合指導所より中小企業研究工場に指定され、生産管理の指導を受ける。
昭和46年 資本金800万円に増資。専用機を導入し、流れ作業の合理化を図り、本格的な量産を開始。
昭和49年 NC化を目指しMC加工機を導入。切削加工の研究開発に着手し生産を開始。
昭和54年 東松山工業団地に工場を新設。本社を箭弓町より新工場に移転し旧来の工場は箭弓工場として分離。
平成8年 高橋登が退任。代表取締役社長に高橋勤が就任。
平成14年 品質マネジメントシステム ISO9001:2008取得。
平成16年 資本金を1,000万円に増資。 
平成17年 市の川工場を新設し設備移設・稼動開始。
平成17年 環境マネジメントシステム ISO14001:2004取得。
平成22年 組立ラインを箭弓工場より設備移設し坂戸工場として稼動開始。
平成26年 東松山市新郷に新郷工場を新設・稼働開始。

本社・工場所在地

本社工場

〒355-0071
埼玉県東松山市新郷 88番地20号
TEL 0493-24-2325
FAX 0493-23-0577
土地面積 2.343㎡
建坪面積 1.617㎡
・バキュームブースター用部品の加工
(プッシュロッド・オペレーティングロッド・HUB)
・油圧ブレーキ倍力装置用部品の加工
・クラッチブースター(CB)部品の加工
・吸気インテークパイプの加工

新郷工場

〒355-0071
埼玉県東松山市新郷 88番地93号
TEL 0493-22-0888
FAX 0493-81-6155 
土地面積 3,700㎡
建坪面積 3,570㎡
・商用車排気ブレーキのASSEMBLY
  (大・中トラック・バス排気ブレーキのASSEMBLY
  (小型トラック排気ブレーキのSUB ASSEMBLY
  (コントロールシリンダーのASSEMBLY)
・大型トラック排気ブレーキ主要部品の加工
  (ボディー・SUSバルブ・SUSシャフト・ブッシュ)
・油圧パワーステアリング主要部品の加工
  (ボディー・ピストン・セクターシャフト・トーションバー)
・精密部品加工 シャフト
・コンプレッサー部品

箭弓工場

〒355-0028
埼玉県東松山市箭弓町 2丁目9番地13号
TEL 0493-22-0823
FAX 0493-22-0863
土地面積 2.977㎡
建坪面積 1.650㎡
・トラック排気ブレーキ部品のボディー加工専用工場
( FCボディー・SUSボディー)
・大型倉庫